懐かしい洋画の『名場面』を次々に観ることで、
脳のトレーニングができます!

あの懐かしい洋画の名場100作品を2分間に編集5枚組(240分)のDVDにまとめました#懐かし洋画名場面集を取り扱います。
◆YouTubeで視聴できます

  • 名場面の後に題名、公開年、監督、出演者等の映画情報が流れます
  • ゲーム感覚で映画の情報や内容を当ててみよう
  • 施設のレクリエーションにも最適
  • 楽しい会話のきっかけと仲間作りに
  • 映画の情報、あらすじを掲載した解説書付き
カサブランカ、ローマの休日、ニノチカ、凱旋門、シェーン、黄色いリボン、真昼の決闘、禁じられた遊び、風と共に去りぬ、第三の男、駅馬車、キング・コング、アニーよ銃をとれ、嵐が丘 など、 シニアに人気の100作品収録
詳しいパンフレットはこちら(PDFファイル:2.85MB)

視聴した方々のコメント

◆あの頃は本当に映画しか娯楽がなく、何度も観に行ったんです。ハイヒールを履いて出かけるのが楽しかったのよね。
(87歳 女性)
◆映画のタイトルや俳優が直ぐに頭に浮かんできて言えました。 思い出に残っているシーンばかり次々に観られて楽しかったわ。
(85歳 女性)
※画像はイメージです。

介護スタッフさんの感想

◆いつもはお話をされない方が、たくさん思い出をおしゃべりされるので私たちも嬉しいです。
(作業療法士 男性)
◆デイサービスで流したら、皆さん夢中でごらんになっている姿に、私たちの笑顔も増えました。
(介護士 男性)

過去を回想することで、今を楽しみましょう!

内閣総理大臣認証 特定非営利活動法人
  日本回想療法学会会長 小林 幹児 博士(行動科学)
近年「若い頃の思い出を楽しむこと」が認知症予防に役立つことがわかってきました。映画や音楽を楽しみながら 思い出の場所や、思い出の人とのことをイメージすることは、認知症予防だけでなく、介護予防にもなります。また、過去を楽しむことは自己肯定感をうながしながら、今を楽しい気持ちにさせます。もし今が楽しくないとしたら認知症になってしまうかもしれませんよ。仲間と一緒に毎日を楽しみましょう。

推薦のことば

東北大学医学部臨床教授 藤井昌彦
(一社)日本認知症情動療法協会 理事長
このDVDは認知症疾患リハビリテーションとして医療施設でも使ってみるべきだと感じました。懐かしい映画や音楽を再体験するなど歓喜的情動につながる様々なプログラムを進めることにより、認知症の医療現場は大きく変わると確信しています。


(C)tree Inc. All rights reserved.